すべての調査・報告書を閲覧する

Refine Your Search

Reset

Filter

Content Type

Topic

Products

143 Results
Reset
There are 143 Results
  • ブレグジットが(ディス)インフレにもたらす影響

    2019-09-13T18:00:00.000-05:00

    ポンドは、英国のブレグジット(EU離脱)が合意ありか、合意なしになるか次第で、二桁の上昇か下落を見せ、その過程でインフレ率に影響をもたらす可能性がある。

  • 南米経済: メキシコの好調さは終焉を迎える?

    2019-09-12T06:00:00.000-05:00

    主要な南米諸国の経済は、アルゼンチン・ペソの暴落による影響を回避し、それぞれの動向を維持している。但し、メキシコにとっては、暗雲が立ち込めている?

  • 貿易戦争:総体的な変化

    2019-09-04T10:45:00.000-05:00

    「脅し」と見られている関税引き上げは常態化する可能性があり、米中貿易戦争のスパイラル化によるサプライチェーンの混乱と共に、世界的な成長への打撃となっている。

  • 米国の雇用件数拡大に関する気になる数字

    2019-08-22T06:00:00.000-05:00

    米国の雇用市場は良好な状態を続けているが、来年には景気の減速も見込まれる中、雇用件数の拡大基調は、どの時点で失速するのだろうか?

  • 高ボラティリティー相場の再来?

    2019-08-20T06:00:00.000-05:00

    過去8年間にわたる休眠状態の後、高ボラティリティー相場が、幅広い資産クラスに再来する兆候を示している。

  • 【穀物市場】夏の強気は秋の悪夢へ

    2019-08-15T06:00:00.000-05:00

    Rallies due to inclement weather during spring planting go bust in the summer as fears of severe crop damage prove overblown. Other factors at play, too?

  • 豪州産小麦は通貨動向に影響される

    2019-08-12T17:00:00.000-05:00

    米国のライバルとして、そして、この市場の支配的なプレーヤーとして台頭していることから、ロシアやウクライナを含む黒海地域は世界の小麦市場にとって重要な地域となっている。

  • 記録的と言える28年に及ぶ豪州の景気拡大は続くのか?

    2019-08-04T16:00:00.000-05:00

    商品との連動性が高い豪州の景気は、柔軟な為替レートも背景となり、過去28年という、記録な長期拡大に達している。FRB(米中銀)の政策金利引き下げは、好材料か悪材料か?

  • 相場上昇に偏重する農産物オプションの背景

    2019-07-31T06:00:00.000-05:00

    その他の資産クラスに比べ、同等のアウト・オブ・ザ・マネーで、コールがプットに対して割高となっている農産物のオプションは、特異な存在である。その背景を、本稿では確認していく。

  • 米国史上最長の景気拡大

    2019-07-12T06:00:00.000-05:00

    米国の景気拡大は現在、史上最長となっており、インフレ率は依然として低水準にとどまっている。FRBが利下げに転じる構えであることを踏まえると、強気相場は勢いを増すのだろうか?

  • 米ドルがつまずいて得をするのは

    2019-07-09T06:00:00.000-05:00

    米ドルがほとんどの通貨に対して強い。FRBが利上げをしたからだ。では、利下げをしたら、ドル高トレンドは終わるだろうか。もしそうなれば、ドルに対して高く評価されるのは、どの通貨だろうか?

  • 第3四半期 金属市場アップデート - CMEグループ

    2019-07-05T17:00:00.000-05:00

    上海黄金交易所との提携による新しい金先物取引の開始、そして、よりグローバルなアルミ取引への変更など、金属市場の変化を捕捉する

  • 財政政策に依存する欧州の景気回復

    2019-06-26T09:30:00.000-05:00

    欧州経済の中心的存在であるドイツは、財政支出の拡大や減税などを通じて、地域の景気回復を主導するか?

  • 中国、ブラジル、そして大豆粕(ミール)

    2019-06-26T06:00:00.000-05:00

    大豆を圧搾することで、より高価な大豆油が抽出され、その残りが大豆粕となる。中国は世界最大級の油糧種子輸入国であり、その価格動向は、同国の景気動向の影響を受ける。

  • 中国元:境界に注意

    2019-06-20T06:00:00.000-05:00

    貿易戦争は、中国元に対して明白な影響をもたらしている – 中国元は2国間の緊張のレベルに基づき対ドルで上下している。

  • 石油:下げ止まりの3つの徴候

    2019-06-19T11:15:00.000-05:00

    ペルシャ湾の航路で緊張が高まったにもかかわらず、石油価格は4月下旬から着実に下落しています。市場の回復は期待できるのでしょうか?

  • 銅オプションのパラドックス

    2019-06-18T06:00:00.000-05:00

    銅は、中国の成長の動きを密に追っているとはいえ、銅のオプション価格は今までのところ米国の金融政策に密に連動する傾向がある。FRBの利下げは銅にどのように影響するか?

  • 米国と英国の金利差は収斂するか?

    2019-06-11T06:00:00.000-05:00

    米国と英国は、失業率とインフレ率の低さなど類似点が多いが、金利差は大きく拡大している。この金利差は縮小しようとしているのか?

  • 米国の業種株を左右する勢力

    2019-06-06T06:00:00.000-05:00

    米国と中国が、激化した両国間の貿易戦争を友好的に解決できなかったとすれば、世界の二大経済には深刻な結果がもたらされる可能性がある。

  • 米国債の上昇相場が意味するもの

    2019-05-29T12:45:00.000-05:00

    10年債価格が上昇し利回りが急落するなど、米国債市場の暴走が続いている。市場は何を示唆してるのだろうか?

  • 【金】米中政策がもたらす影響

    2019-05-29T08:45:00.000-05:00

    米中金融政策の相違が従来の金と米ドル・中国人民元との関係を変えている。

  • 大豆油は原油価格の上昇局面終了を示唆しているのか?

    2019-05-17T06:00:00.000-05:00

    過去15年間、大豆油は原油の先行指標となってきた。そして現在、政治的要因を除けば、大豆油価格は、原油価格がピークを迎えていることを示唆している。

  • 株価オプションの歪み(スキュー):何の不思議もないのはナゼか?

    2019-05-13T11:12:00.000-05:00

    株式市場の主要な下落相場は通常、急騰相場に続いて発生する。OTM(アウト・オブ・ザ・マネー)の歪み(スキュー)は、市場の売られ過ぎ、または反転・上昇が間近であることの示唆となるか?

  • 調査会社が米国経済の成長減速を示唆

    2019-05-08T09:41:00.000-05:00

    米国経済に不安はないだろうか? 米調査会社コンファレンス・ボードは、成長率が1.5~2.0%に減速すると示唆している。しかし、それは景気後退の予兆ではない。

  • 金/銀オプションの歪み(スキュー): 価格上昇リスク拡大の予兆か?

    2019-05-07T06:00:00.000-05:00

    金と銀のOTM(アウト・オブ・ザ・マネー)オプションは、投資戦略の参考になるか?本稿では、先物の取引モデルによる検証結果をリポートする。

  • 米中の貿易戦争:エスカレーションのリスク

    2019-05-06T11:11:00.000-05:00

    米国と中国が、激化した両国間の貿易戦争を友好的に解決できなかったとすれば、世界の二大経済には深刻な結果がもたらされる可能性がある。

  • 【米国債】オプションの歪みは兆候か雑音か?――CMEグループ

    2019-04-15T06:00:00.000-05:00

    米国債オプションの歪み(スキュー)は、特に大きく歪んだとき、相場方向の信頼に足る兆候となり得るだろうか。本記事で私たちの分析結果を紹介しよう。

  • ポートフォリオと投資:もしも、「冬」がやって来るのだとしたら?

    2019-04-09T12:31:00.000-05:00

    9回に及ぶ利上げを実施したことで、FRBは金融政策を過剰に引き締め、株式や債券市場の投資に「冬」を呼び込んでしまったのだろうか?

  • 穀物や油糧種子の価格に影響を及ぼす新しいグローバルな潮流

    2019-04-04T13:15:00.000-03:00

    世界の農産物生産地が地理的に多様化するにつれ、トウモロコシや大豆、小麦の価格は、ルーブルやレアルなどの通貨動向に敏感さを高めている。

  • 株価とFRB:関係は一方的、それとも双方的?

    2019-03-27T15:12:00.000-05:00

    昨年のクリスマス以来、FRBが政策金利引き上げサイクルを休止するとの期待から、株価は2桁の上昇率となっている。株価上昇の次の材料は、利下げ、だろうか?