よくある質問:日本の電力先物

  • 11 Jan 2021
  • By CME Group
  • Topics: Energy

1. 先物契約の取引要綱は?

東日本

商品名称

日本の電力(スポット市場)東京ベースロード

1ヵ月先物

日本の電力(スポット市場)東京ピークロード

1ヵ月先物

商品コード

 JBT

JPT

決済方法

差金決済

差金決済

契約単位

1KWhあたりの金額(円)

1KWhあたりの金額(円)

最小価格変動幅

1KWhあたり0.001円

1KWhあたり0.001円

契約サイズ

1MW × 24時間 × 対象月の日数

1MW × 12時間 × 対象月の日数

上場限月

連続する歴月の限月取引24本

連続する歴月の限月取引24本

最初の上場限月

 2021年3月

 2021年3月

ブロック取引の最低取引枚数

5枚

5枚

取引終了日

限月最終日前の日本の営業日

限月最終日前の日本の営業日

決済期間と変動価格

各限月の変動価格は、限月中の各暦日についてのJEPXスポット市場における東京エリア・ベースロードの30分毎(0時から24時まで)価格の単純平均に相当。

各限月の変動価格は、限月内の各平日(月曜~金曜、但し、日本の祝日および銀行休業日を除く)についてのJEPXスポット市場における東京エリア・ピークロードの30分毎(0時から20時まで)価格の単純平均に相当。

西日本

商品名称

日本の電力(スポット市場)関西ベースロード

1ヵ月先物

日本の電力(スポット市場)関西ピークロード

1ヵ月先物

商品コード

 JBK

JPK

決済方法

差金決済

差金決済

契約単位

1KWhあたりの金額(円)

1KWhあたりの金額(円)

最小価格変動幅

1KWhあたり0.001円

1KWhあたり0.001円

契約サイズ

1MW × 24時間 × 対象月の日数

1MW × 12時間 × 対象月の日数

上場限月

連続する歴月の限月取引24本

連続する歴月の限月取引24本

最初の上場限月

 2021年3月

 2021年3月

ブロック取引の最低取引枚数

5枚

5枚

取引終了日

限月最終日の前の日本の営業日

限月最終日の前の日本の営業日

決済期間と変動価格

各限月の変動価格は、限月中の各暦日についてのJEPXスポット市場における関西エリア・ベースロードの30分毎(0時から24時まで)価格の単純平均に相当。

各限月の変動価格は、限月内の各平日(月曜~金曜、但し、日本の祝日および銀行休業日を除く)についてのJEPXスポット市場における関西エリア・ピークロードの30分毎(0時から20時まで)価格の単純平均に相当。

2. 取引開始日は?

2021年2月8日です。

3. CMEグループが円建てのPlatts JKM先物とJCC先物を上場する理由は?

CMEグループは、グローバルなベンチマークであるNYMEX Henry Hub(天然ガス先物)をはじめ、Platts JKM先物、JCC先物、オランダTTF先物など、LNG関連の商品を幅広く上場しています。

CMEグループの円建て商品であるPlatts JKM先物およびJCC先物は、日本の発電業者が為替リスクを負うことなくLNGと電力の価格差を管理するための商品として、新たに追加されました。

4. 先物契約の取引方法は?

先物契約はCME Globex(グローベックス)上でブロック取引として利用可能であり、清算はCME ClearPort(クリアポート)またはCME Direct(ダイレクト)を通じて行われます。

5. 先物契約はブロック取引が利用可能とのことだが、どのような仕組みか?

先物契約は、一定の要件(最低取引数量など)を満たすことを条件に、ブロック取引としてブローカーを介して取引相手と相対で交渉し、CME ClearPortで清算することができます。

最低取引数量と報告時間に関する要件があります。ブロック取引の最低数量は5契約であり、取引は約定後15分以内にブローカーからClearPortに報告する必要があります。適格契約参加者(ECP)の定義は、商品取引所法第1条1a(18)に記載されています。ブロック取引の詳細については、以下のリンクをご参照ください。

- CMEグループ規則526

- ブロックトレードとは?

6. ブロック取引の清算のためにCME ClearPortに報告する時間帯は?

取引をCME ClearPortに報告可能な時間帯は日曜日午後5時から金曜日午後4時までであり、毎日午後4時から午後5時まで60分間の中断があります(いずれも米中部時間)。

60分間の中断:4月~10月(米国夏時間中)

シカゴ

東京

シンガポール

取引日当日(T)の米中部時間午後4時

T+1の東京時間午前6時

T+1のシンガポール時間午前5時

取引日当日(T)の米中部時間午後5時

T+1の東京時間午前7時

T+1のシンガポール時間午前6時

60分間の中断:11月~3月(米国冬時間中)

シカゴ

東京

シンガポール

取引日当日(T)の米中部時間午後4時

T+1の東京時間午前7時

T+1のシンガポール時間午前6時

取引日当日(T)の米中部時間午後5時

T+1の東京時間午前8時

T+1のシンガポール時間午前7時

7. 取引開始方法と先物契約の清算方法は?

利用者の状況に応じてさまざまな方法で取引を開始することができますが、最もシンプルで分かりやすい方法は以下のとおりです。

詳細については、japanpower@cmegroup.com または、この市場にサービスを提供しているインターディーラー・ブローカーにお問い合わせください。

ステップ1:CME ClearPortへの登録

ステップ2:この市場にサービスを提供するインターディーラー・ブローカーを選任します。

ステップ3:CMEグループの清算会社に、選任したインターディーラー・ブローカーが取引を提出する許可を求めます。

CME Globexでの取引やCME ClearPortでのブロック取引を行うための環境設定の詳細についてはCMEグループのウェブサイトをご覧ください。

8. 上場限月は?

連続した24歴月の限月取引が上場されます。直近限月取引の終了た時点で新たな限月が追加されます。

9.  歴月物を使って四半期や年単位の取引を行う方法は?

連続した限月をセットにしたブロック取引を行うことが可能です。

例:

  • 2021年度を対象とする取引を行うには、トレーダーが2021年4月限から2022年3月限までの連続した12限月を平均価格で提示します。
  • 結果として生じるポジションは、12個の別々の限月として報告されます。
  • トレーダーは任意の個別限月または全期間について、新たな取引を追加することにより、既存のポジションを調整することが可能です。
  • 残存期間が短くなった時に短い満期の契約に自動的に引き継がれるカスケード方式は採用していません。

10. 原資産となる参照価格は?

先物契約は、関西エリアと東京エリアのそれぞれについて、日本卸電力取引所(JEPX)でのスポット市場の約定価格に基づいて差金決済されます。

11. ピークロードの定義から除外される日は?

ピークロード契約の計算においては、平日の定義が重要になります。

ピークロード変動価格の計算においては、日本の祝日および銀行休業日は除外されます(注:土日も同様に除外されます)。

12. CMEグループ自体がブロック取引の提出手続きを行うことができるか?

利用者の口座がCME DirectまたはCME ClearPortに登録されていること、与信限度額が設定されていること、利用者または利用者の顧客が適正な商品取引の認可を受けていることを条件に、CMEグローバルコマンドセンター(GCC)が、facdesk@cmegroup.com宛てのEメールに基づいてブロック取引の提出を行うことができます。

加えて、利用者に代わって取引を執行するすべてのブローカーが、利用者の口座にアクセスできるようにしておく必要があります。CME DirectとCME ClearPortは、どちらもブロック取引の提出に対応しています。

GCCのサポート時間は、日曜日午後2時から金曜日午後4時半までとなります(いずれも米中部時間)。サポート時間外に届いたメールでの提出は、次の日曜日または翌週の取引可能日の対応となります。ご不明な点がありましたら、米国の場合は+1 800 438 8616、欧州の場合は+44 20 7623 4747、アジアの場合は+65 6532 5010のCMEグローバルコマンドセンターまでお問い合わせください。

日本語の参考資料は以下のとおりです。

https://www.cmegroup.com/ja/trading/cme-clearport.html

https://www.cmegroup.com/ja/trading/cme-direct.html

13. 証拠金の額は?

証拠金の額(アウトライトおよび相殺)については随時見直しており、最新情報はwww.cmegroup.comの商品説明ページに掲載されます。

14. ブロック取引の動向の確認方法は?

直近数日のブロック取引は、CMEグループのブロック取引ブラウザーに表示されます。取引日数日分(最大5日間)のデータが、資産クラスや商品コードで検索して閲覧可能です。また、CME Directにおいては、リアルタイムでブロック取引を確認することができます。

15. 先物の最終決済価格の決定方法は?

決済価格は、関西エリアと東京エリアのそれぞれについて、JEPXスポット市場の約定価格に基づいて決定されます。

16. 決済価格の公表時間は?

取引日の決済価格は、取引時間帯の終了後、つまり日本時間では翌日に、CMEグループのウェブサイトに表示されます。

17. 当該日本の電力先物の管轄はどこにあるか?

本先物契約は、米国のNYMEXに上場され、CME Clearingで清算されます。市場参加者は、規則418に記載されているように、NYMEXの所在地の管轄当局の規制下に置かれます。規則集の詳細については、こちらをご参照ください。

18. ブロック取引に関する規制は?

ブロック取引とは、先物、オプション、またはそれらを組み合わせた相対取引のことであり、公開入札市場以外での取引執行が認められています。ブロック取引に参加できるのは、米国商品取引所法で定義されている「適格契約参加者」に限定されています。

規則526(「ブロック取引」)は、CME、CBOT、NYMEX、COMEXに上場されている商品のブロック取引を規定しています。ブロック取引は、特定の商品で許可されており、商品、取引の種類、執行時間によって異なる最低取引数量の要件が課せられています。ブロック取引は、公正かつ合理的な価格でいつでも執行することが可能です。

ブロック取引の報告、提出、最低取引数量の要件については、ブロック取引に関する最新の市場規制諮問通知(Market Regulation Advisory Notice)に記載されています。当該通知は「Current Market Regulation Advisory Notices page」から参照できます。

ブロック取引に関するご質問がある場合は、市場規制部(+1 312 341 7970)または上記のMarket Regulation Advisory Noticeに記載されている担当者にご連絡ください。

19. 手数料について

CMEグループの手数料表に記載されています。

20. 日本の休日に日本電力先物を取引することは可能か?

日本電力先物は、CMEグループの休日カレンダーに準じます。

CME ClearPortの休日に指定されている日を除き、日本の休日は日本電力先物のブロック取引の清算に影響を及ぼしません。

CME ClearPortの休日期間中は

- ブロック取引の提出ができない場合や、特別なスケジュールが組まれている場合があります。
- ブロック取引の報告は、翌日の取引日に持ち越される場合があります。

詳細はCME ClearPortの取引スケジュールに記載されています。

21. 証拠金に認められている通貨は?

変動証拠金は日本円のみが利用可能です。ただし、当初証拠金および維持証拠金は、米ドルをはじめとする他通貨建ての資産で充当することが可能です。異なる通貨を利用する場合は掛目(ヘアカット)が適用されます。詳細については、こちらのリンクをご覧ください。