先物受渡可能なバスケット増強のためのトレジャリー発行拡大について

次の四半期にUSトレジャリーの発行急増が予想されることから、トレジャリー先物を下支えする受渡可能なバスケットも今後増強が予想されます。

5月に公表された償還額に基づき、当社では、発行拡大による受渡可能なバスケットへの影響を各契約ごと以下のとおり予想しました。

2年債先物(ZT)

2年債の受渡バスケットは、7年債の再発行と5年債のバスケット入りに呼応しすでに急上昇路線にあり、2年、3年、および5年もの入札が今後の契約に加わることによって成長が加速します。

3年債先物(Z3N)

3年債の受渡バスケットは、3年物の発行拡大(年末までに月20億ドル)、およびCMEグループの計画による7月13日の7年債を用いた受渡可能なバスケットの増強によって、これまでで最大の増加が見込まれます

5年債先物(ZF)

5年債の入札によって、年末まで月20億ドルの増加が見込まれます。

10年債先物(TY)

5月に行われた10年債入札はこれまでで最大となり、7年債入札では年末まで月30億ドルの増加が見込まれます。

超長期(10年超)債先物(TN)

10年債のエクスポージャーに対する正確性の確保に焦点を当てたバスケットによって、10年超債バスケットは、今後緩やかな増加が見込まれます。

従来の財務省債券先物(ZB)

今後3か月間で、米国財務省は20年債を540億ドル発行する予定です。長期債先物への受渡が可能な新規発行分をもって、従来の長期債受渡可能なバスケットの想定サイズおよび適格CUSIPは、控えめに見積もっても大幅増となることが見込まれます。

新規20年債の満期日は、2040年5月15日です。現在は発行日前取引(WI)となっており、BrokerTec上で2045年11月15日に対し3%のスプレッドとなっています。2045年11月の3%は、現在、2020年6月・9月を約定月とする10年超債において最割安銘柄(CTD)です。重要点として、2040年5月15日の新規WIは、従来の長期債先物契約の受渡バスケットに属します。したがって、2040年5月の現金WIと2045年11月の3%のスプレッドは、CME GlobexのBond-Ultra(BOB)イールドカーブスプレッドに相似します。この関係によって、リスク管理、スプレッド、ボックス取引戦略における多様な選択肢がもたらされます。

20年債の詳細については、最近の記事「挑戦的な新世界における20年債」をご覧ください。

超長期債先物(UB)

財務省が今後の四半期にわたり、長期債よりもさらに年限の長い債券へと資金調達をシフトする中で、超長期債バスケットの急拡大が見込まれます。


CME グループについて

世界の市場参加者はCME グループの国際金融市場への公正かつオープンなアクセスに厚い信頼を寄せています。CME グループの中核はCME、CBOT、NYMEX、COMEXの4つの主要取引所で、世界を代表するベンチマーク銘柄や地域特有の成長商品など、すべてのアセットクラスを網羅して幅広く提供しています。これらの取引所は信頼性と専門性により裏付けられた、世界を先導するデリバティブ市場として機能しています。