• 取引概要
  • 清算・決裁制度
  • 学習リソース
  • CME グループについて

CMEグループの個人情報保護方針

2017年1月6日より有効

目的と範囲

CMEグループならびにその子会社および関連会社(総称して「CMEグループ」)では、個人情報の保護に努めております。本個人情報保護方針(以下「方針」)はCMEグループ(以下「当社」)のあらゆるサービスを利用するお客様(以下「利用者」)の個人情報を守る取り組みの一環として採用され、実施しているものです。当社が利用者の個人情報を収集・使用・開示・保護する方法について理解を深めていただくため、本方針をご一読くださいますようお願いいたします。

当社はグローバル企業であるため、本方針は、当社に適用される法律や規制要件に従い個人情報の収集・使用・維持管理・共有・処理を保護する、個人情報に関する規制や枠組みを考慮しています。さらに、各国固有の事項については、本方針末尾にある「国別特記事項」に詳細が記載されています。

別規約(例えば、顧客同意書や雇用契約書)の規定が優先して適用される場合を除き、利用者が当社に個人情報を提供した場合、どのような手段で情報を収集・使用・配布・維持するのかについては、本方針に概要として規定される内容に従うものとします。

利用者は個人情報を提供し、当社の商品やサービスを利用することで、本方針または情報収集に適用される別規約に記載された方法で、当社が個人情報を収集・使用・配布・保持することに同意いただいたことになります。本方針または別規約に同意できない場合には、個人情報の送信や当社サービスの利用をご遠慮頂きますようお願いします。  

承諾

法令上求められる場合、当社は通常、利用者に対し、個人情報を収集・使用・保持・配布することに承諾する旨を書面または口頭で明らかにするよう、お願いすることになります。

利用者の同意なしに個人情報を処理することが法律上認められている場合、当社は承諾を取得しない場合があります。例えば、次のような場合です。

  • 個人情報の処理が、法律で求められている場合(例えば、召喚状がある場合)
  • 個人情報の処理が、当社に適用される規制法上の義務を遵守するために求められている場合
  • 個人情報の処理が、当社製品やサービスの提供・受領の一環として必要な場合
  • 個人情報が、当社製品・サービスを改善するために集約して使用される場合
  • 緊急時、または個人や公共の安全性・健全性が危険にさらされている場合
  • 情報が一般に入手可能なものである場合  

個人情報保護方針の変更

本方針は、上記の発効日現在のものです。本方針は定期的に見直されており、今後、変更が行われる可能性があります。法令上認められる場合には、かかる変更は直ちに有効となります。したがって、当社の取扱いについて把握するには、本方針を定期的にご確認いただくことをお勧めします。当社が、個人情報の取扱方法を修正して、これまで収集した個人情報を使用する権利が拡大される重大な変更が本方針にされる場合には、登録されているメールアドレスを介して、または変更日を付記した本ページを目立つように掲示して、利用者への通知に努めます。また、法令上求められる場合には、利用者の承諾を取得することがあります。

 

情報収集

個人情報とは、存命中の個人に関する、または存命中の個人を合理的に識別できる記録情報であると、当社では認識しています。当社は、利用者から直接に、また状況によっては利用者が代行を許可した個人・事業体から、さらには公開の情報源から、個人情報を収集することがあります。

当社が利用者に提供を求める情報は、利用者と当社との間の関係によって、その種類が異なります。

最も一般的には、利用者個々の要望に合致したサービスを提供するため、利用者の氏名・役職・住所・電話番号・電子メールアドレスを収集致します。当社の一部製品・サービスに関しては、氏名・電話番号・電子メール・インターネットプロトコル(以下「IP」)アドレス・社会保障番号・財務内容・出生国等、追加的に個人情報を収集する場合があります。

当社は、当社の業務を管理し、製品・サービスを提供・改善するという目的、すなわち以下のような事項に関して個人情報を収集することがあります。

当社ウェブサイトの利用:利用者個々の要望に応じたサービスを提供するため、利用者が当社のウェブサイト(以下「サイト」)を訪問している間、当社および当社の代わりに業務を行っている第三者が、利用者に関する情報を収集することがあります。この情報の一部は、利用者がログイン認証情報をして利用しているときに、クッキーを介して自動的に収集されます(当社「クッキーに関する方針」を参照)。また、当社は利用者から直接、または利用者が行う取引の性質によっては第三者から情報を収集することができます。

利用者は、当社サイトを利用することで、当社が収集する個人情報等の利用者の情報を、当社が本方針の規定にしたがって収集・使用することに同意したことになります。

当社は、適宜、当社のサイト・製品・サービスの利用に関するご意見の提供を、利用者にお願いすることがあります。このような情報は、利用者の識別情報の提供の有無に関わりなく、収集することがあります。当社が個人情報を求める場合であっても、その提供は任意です。つまり、別段の記載がないかぎり、回答を匿名にするか否かを決める権限は利用者にあります。こうしたアンケートを円滑に実施するため、第三者が提供するツールを使用することがあります。

また、利用者が当社サイトを利用したときには、個人情報に当たらない情報を収集します。例えば、利用者が閲覧したページ、検索機能に入力した検索用語、所在地、オペレーティング・システム、ブラウザ、ソフトウェア、よく使用している言語、利用しているインターネット・サービス・プロバイダー等です。当社が通常収集する個人を特定しない情報は、当サイトの管理、サービスの向上、サイトがどう使用されているのかについての判定、サイトで人気がある分野の特定、利用傾向・パターンの分析、そして利用者の要望にさらに合致した内容の提供に利用します。個人を特定しない情報を利用者の個人情報に関連付ける場合、当社は通常すべてを個人情報として扱います。

さらに、法令上許容される限度において、利用者の情報は、利用者の好み・関心・顧客層・利用パターン等を追跡・測定するため、また利用規模・閲覧回数・利用頻度を判定するため、集約的・統計的な形で使用されることがあります。当社は、サイトを改善し、顧客サービスを拡充し、利用者に合わせたメッセージを配信できるよう、サイトの内容・構成・サービスを管理・カスタマイズするために、かかるデータを他の利用者から収集した情報と合わせて使用しています。このように利用者の利用体験を向上させるための分析に、個人情報と個人を特定しない情報を組み合わせることがあります。さらに、法律上許容される限度において、当社製品やサービスについての告知を配信するため、利用者が当社に提供した情報を使用することがあります。使用を停止する方法については「お問い合わせ先」の項を参照してください。

当社はサービス向上のため、およびサーバーの問題を分析するのに役立てるため、利用者のIPアドレスを使用することがあります。

利用者が求めている回答やサービスを提供するため、サイト経由(例えば、オンラインの登録フォームへの記入)または電子メール経由で利用者が送信した個人情報を使用することがあります。また、利用者を特定・確認するため、そうした情報をクッキー(当社「クッキーに関する方針」を参照)など、さまざまな方法で収集した情報と合わせて使用することがあります。

当社では、第三者のウェブサイトやオンラインサービスでの滞在時間や移動に関する利用者のオンライン活動について、個人情報を収集しています。ただし、利用者のブラウザが「追跡しない」に設定されていれば、そこから送られた信号は当社サイトには適用されません。また、そうした信号を受信しても、当社によるデータの収集や取扱いが変更されることはありません。

業界の認知度向上のため、当社では、リスクランチ(Risk Ranch)、CMEインスティチュート(CME Institute、Futures Instituteとしても知られます)、フューチャーズファンダメンタルズ(Futures Fundamentals、中学生以上を対象)などの教育的情報を発信しています。リスクランチ、CMEインスティチュート、フューチャーズファンダメンタルズで収集しているのは、総合的な情報です。個人を特定する情報を収集することも、保持することもありません。収集された情報は、その機能と内容を改善するために使用します。

当社のサイトには第三者ウェブサイトへのリンクが含まれている場合があります。これらのリンクをクリックすると、当社が管理していない、当社とは異なる個人情報保護方針と取扱いで管理されているウェブサイトにアクセスすることになりますので、ご注意ください。第三者の個人情報保護方針や取扱い、また第三者ウェブサイトの内容や安全性について、当社は一切の責任を負いません。

公開フォーラム(ウェブサイトのコメント欄、ブログ、ソーシャルネットワークなど):利用者が公開フォーラム(掲示板やチャットなど)上で送信した投稿やコメントなどの情報は、個人情報や機密情報とはみなされません。いかなる投稿(以下「投稿」)であれ、その内容が何であれ、また投稿から派生したいかなる情報(アイデア・概念・ノウハウなどの知的財産)であれ、当社は使用することがあります。また、法令に従った上で、当社の裁量で適切であると考える場合には、そのような投稿を当社子会社・関連会社等に、目的に関わりなく提供することがあります。こうしたプラットフォームで共有している投稿やコメントなどの情報は、そこにアクセスする他の利用者にも閲覧・検討・収集・使用できるものです。利用者がこうした公開フォーラムで共有している情報を、他者がどのように使用しても(迷惑メールを送る、連絡をとる、個人情報をその他に利用する等)、当社は一切の責任を負いません。

当社には、当社に関する投稿を検証する責任はないものとし、当社は投稿に関する責任や義務を負いません。ただし、当社は随時、投稿を監視しています。法令に従った上で、当社の裁量によって、例えば、次に挙げるような事項の公表を削除・拒絶することがあります。(i)違法・有害・脅迫・誹謗・嫌がらせ・中傷・下劣・わいせつ・冒涜・嫌悪・人種差別・民族差別など、不愉快な話題を含む投稿、(ⅱ)広告や勧誘、(ⅲ)他人になりすました訪問者が投稿したメッセージ、(ⅳ)電話番号・社会保障番号・口座番号・住所・雇用証明などが記載されたメッセージ等の個人情報、(ⅴ)当社広報担当者ではない職員による当社代表と称してのメッセージ、(ⅵ)同じ訪問者が同じことを繰り返す重複したメッセージ、(ⅶ)当社の業務や評判を損なうメッセージ、(ⅷ)連鎖的迷惑メール。

ソーシャルネットワークのアカウント情報:当社では、利用者がツイッター(Twitter)、リンクドイン(LinkedIn)、フェイスブック(Facebook)、ユーチューブ(YouTube)等のソーシャルネットワーク(以下「SNS」)アカウントにサインインをして、当社と関連付けることを認める場合があります。

この機能を使用すると、SNSの使用規約および本方針に従って、SNSで利用者が共有と使用を認めているSNSプロファイル情報のあらゆる要素に、当社はアクセスできるようになります。当社サイトをどのように使用しているのかについての情報を含め、利用者のアカウントを介してどのデータが共有され、共有されたデータをどのように管理するのかについての情報は、利用しているSNSアカウントの個人情報保護設定を参照してください。

利用者とのやり取りが完了するのに必要な時間以上に、当社がSNSプラットフォームのユーザー名やパスワードを保持することはありません。SNSアカウントについて、当社との関連付けを希望しない場合は、SNSアカウントおよびそのプロバイダの設定を参照してください。

ニュースレター・通知・告知の電子メール受信:利用者が当社からの連絡を受信する申し込みをした場合(例えば、CME Subscription Center(CMEグループ配信センター)を通して)、サービス・市場・製品の告知やニュースレター、営業・マーケティング活動に関する連絡、あるいは(場合によっては)システム保守・障害についての告知を、当社から電話・文書・手紙・電子メールにて差し上げることがあります。こうしたマーケティング配信は、通常、いつでも止めることができます。本方針の「お問い合わせ先」にある宛先にお知らせいただくか、メッセージ内にある登録解除ボタンをクリックしてください。ただし、サービスの告知などマーケティング目的ではなく、管理上の目的でご連絡を差し上げるときは、マーケティング配信に関する利用者の設定には関係なく、配信される場合があります。

営業・企画・顧客サービス:ご利用いただいている当社サービスに基づき、法令上許容される限度において、当社営業・企画・顧客サービス部門の担当者が、電話・電子メール・手紙・SMSメッセージで利用者に直接連絡を差し上げることがあります。このような連絡を希望しない場合は、最高個人情報責任者(お問い合わせ先)にその旨をご送信いただくか、「配信停止――電子メール受信」のフォームをご入力ください。ただし、通知配信の停止により、当社サービスの利用に関して、当社と利用者との情報の共有に影響が及ぶ場合があります。

当社では、グローバルコマンドセンター、決済機関、代表電話、法律で義務付けられている部署の電話回線を含め、一定の通話内容を録音しています。録音の目的は、当社事業に関して締結された顧客取引を確認するため、不正行為から組織を守るため、電話回線が当社の適用方針に合わせて使用されているかを確認するためです。録音対象の電話回線を使用する場合、内容が録音されることがある旨のお知らせが通話開始時に流れます。録音対象である電話の使用は、このような録音や監視への同意とみなされます。録音を止められない場合があります。録音は法律・規制・事業目的上、保管・使用されることがあるため、録音対象の電話回線で情報を共有する場合には慎重なご利用をお願いいたします。

購入した製品やサービスの支払情報:利用者が当社から製品やサービスを購入した場合、当社が個人情報を収集する場合があります。こうした取引のため、当社は利用者の名前・電子メール・電話番号・連絡住所などの個人情報を収集・使用・保持しています。

場合によっては、利用者はクレジットまたはデビットカードの情報を使用した取引の完了を選択することができます(オンライン店舗・ソフトウェア・市場データなど)。しかし、いかなるクレジットカード情報であれ、当社が直接処理・保持することはありません。利用者のクレジットカード情報を処理・保存するのは、PCIデータセキュリティ基準(PCI DSS)を遵守している第三者だけです。こうした第三者は、いかなる利用者の情報も、収集目的以外の共有・使用ができません。利用者は、再度購入する時のために、第三者がクレジットカード情報を保存することを選択できる場合があります。

テクノロジーシステムの利用:当社のシステムを利用する場合、アクセス認証のため、当社は利用者端末の種類・基幹システム・利用ブラウザ・IPアドレス・出生国などの個人情報を収集・使用する場合があります。また、利用者がテクノロジーを使用している間、継続的に適切なサービスを提供し、必要に応じて内容をカスタマイズできるよう、追加情報を収集する場合があります。当社「クッキーに関する方針」を参照してください。

登録利用者の場合、利用者が(あるいは利用者が属する団体の要請で)ご自身のプロファイル情報を作成するとき、個人情報を提供していただかなければなりません。収集される個人情報は、利用者と当社との関係に基づいて異なります。収集される情報には、名前・電話番号(固定または携帯)・電子メールアドレス・住所・所属団体・役職が含まれます。

当社のシステムへアクセスするときは、パスワードに加えて追加的な認証を求められる場合があります。この場合、利用者はメッセージ送信や電話を介して自動的に確認コードを受信できます。当社の特定システムへのアクセスを得るためには、この確認コードの受信・使用が必要です。   

会員: 当社は入会申込書の処理を目的に、個人情報を収集・使用することがあります。かかる申込みのために、氏名・電話番号・住所・役職・電子メールアドレス・社会保障番号(または国民識別番号)・生年月日・出生地等の個人情報を、収集・使用・保持することがあります。当社は、会員情報を第三者(法律で求められる場合を除く。)やサービス提供者と共有することはありません。すべての会員権の売買について、会員の入会・脱会・変更に関する詳細な情報を提供するため、すべての現会員向けに「会報(Membership Bulletin)」を毎週配信しています。

市場データに関する合意:当社は、市場データの受信・使用に関する合意事項を遵守するために、利用者の個人情報を収集することがあります。こうした合意事項のもと、事業・顧客管理を目的に収集する詳細な連絡先に含まれるのは、利用者の名前・役職・電話番号・電子メールアドレス等です。また、請求や事業開発の管理のために、この情報を使用します。当社が提供するサービスの供給・管理・運営・改善のため、また適用される法律・規制上の要件を遵守するため、当社はライセンシーが提出した個人情報を使用します。

募集・採用:当社は、採用応募者・採用候補者・従業員・実習生・臨時従業員・コンサルタント(総称して「同僚」)から、採用候補者の募集・選定の一環として(履歴書や詳細な連絡先など)、雇用条件を満たすため(身元保証や身元調査など)、また人事管理のため(給与処理・福利厚生の支給・人事考課など)に個人情報を収集します。

必要に応じて、あるサービスからの個人情報と、別のサービスからの個人情報を含む情報、または公的に入手できる情報を組み合わせることがあります。法令遵守やセキュリティを適正に評価するため、また当社と職員等の関係をより良く理解して職員等の経験をより良いものにするためです。

個人情報の取扱場所

当社はグローバル企業であり、世界各国で個人情報を収集・処理しています。したがって、適用される法律に従って、利用者の個人情報は、利用者が居住する国以外の当社が営業している国、または利用者が個人情報を送った国に保持され、そこで使用される場合があります。かかる国においては、利用者が居住する国と同じような個人情報保護法制がない可能性があります。当社が他国に情報を転送する場合、当初は、本方針の記載に従って、その情報を保護致します。利用者は当社に情報を提出することにより、本方針に従った個人情報の収集・転送・処理に同意したことになります。

情報への第三者のアクセス

次のいずれかの条件に当てはまる場合を除き、当社は第三者と個人情報を共有することはありません。

  • 当社が、利用者から個人情報の共有について同意を得ている場合
  • 当社のサイトやモバイルアプリの使用について、あくまで集計・統計の形式で情報を開示する場合
  • 当社の権利、財産、当社の資産および同僚の安全を守るためであり、かつ、法律上認められている場合
  • 悪意のある行為、不正行為、またはセキュリティや法令遵守へのその他の脅威・違反の可能性に対し、捜査に協力する場合
  • 監査・法令遵守・企業統治の機能を支援する場合
  • 収集した情報や違法の主張がなされている行為に関し、州・地方・連邦・国際レベルで、法律・行政・規制を執行する団体・機関・当局による捜査に、あるいは法律・行政・規制を適用する手続きに、全面的に協力するために行う場合
  • 法令上許容される限度で、当社・関連会社、これらの顧客・会員・取締役・役員・従業員・代理人、一般人の権利・財産・個人の身の安全を守るため、当社が裁量で開示すべきと判断した場合に、個人情報を含む当社の収集した情報を第三者に開示する場合
  • 当社の利用規約(Terms and Conditions)が強制履行される場合
  • 当社またはその資産の一部が第三者に買収され、個人情報が譲渡資産のひとつとなり得る場合

 

当社の代わりに作業を行っている法人や個人と個人情報へのアクセスを共有する場合、当社は個人情報を守るために、こうした当事者と合意(守秘義務契約書など)を結び、個人情報の守秘義務を保護し、当社の目的のためだけに個人情報を使用し、適用される個人情報保護法に確実に従うよう要請しています。

個人情報の保持

当社は、取引関係にある期間中または要求される場合には、法人用の「記録情報管理方針」と「記録保存年限規定」に従って個人情報を保存します。利用者のあらゆる個人情報を含め、こうした情報のすべてのインスタンス(生成物・バックアップなど)が確実に完全に消去されるよう、合理的な努力を行います。アクセス・修正・削除の要請については「お問い合わせ先」を参照してください。

児童の個人情報

当社のサイトは一般向けであり、13歳未満の児童に向けたものではありません。収集した個人情報が13歳未満の児童によるものと実際に確認した場合には、当社は速やかにその情報を削除します

当社は、当業界についてもっと知ってもらうための学生向けのサイトやモバイルアプリを提供しています。詳細については、本方針の「当社ウェブサイトの利用」にあるリスクランチ(Risk Ranch)、CMEインスティチュート(CME Institute)、フューチャーズファンダメンタルズ(Futures Fundamentals)に関する説明を参照してください。

なお、当社は仕事体験や職場見学で、適宜、児童を受け入れることがあります。その結果として、かかる個人が現場にいる間、当社関連施設へのアクセス管理のため、個人情報(名前・詳細な連絡先・親/保護者など)を保有することがあります(詳細は、下記「CMEグループ施設と見学」を参照してください。)。

電子通信の監視

適用ある法令に従った上で、必要かつ適切と考えられる範囲において、当社は、当社職員が通信に関与している当社情報システムで発生したすべての電子通信を監視する権利を留保致します。当社は、通常、当社職員が積極的に通信に参加していなければ、CMEピボット(CME Pivot)やCME Directを介して利用者に直接送られたメッセージの内容を監視することはありません。当社との電子通信に関する詳細については、ここをクリックしてください。

セキュリティ

当社は個人情報の機密保持に真摯に取り組んでいます。ビジネス上合理的な管理上・物理上・技術上の安全対策を講じた、物理的かつ論理的なセキュリティプログラムを実施しています。その管理方法は、新たな技術と制御方法が利用可能になった時点で、または必要に応じて更新されます。

当社施設や職員の安全を守るため、当社敷地内にいる利用者の個人情報や映像を収集しています。利用者の個人情報は、安全対策とデューデリジェンスのために使用されます。当社は24時間365日、施設内の公共区域でビデオ録画を行っています。

利用者情報の閲覧または削除

利用者は、さまざまなサービスの登録時に提供した情報等を含め、利用者自身の特定の情報について当社に提供を求めることができます。適用される法律に従い、合理的な範囲内で、当社は利用者に各個人情報へのアクセスを提供することにより、利用者による個人情報の修正を認め、または削除を依頼します。当社は、利用者の個人情報がいつでも最新かつ正確であるよう努めています。連絡先の情報に変更があれば、当社の記録を更新できるよう「お問い合わせ先」までご連絡ください。

情報または削除の要求に応じる前に、当社は依頼者の身元を確認するため、情報提供を求めることがあります。適用される法律に従い、不当な要求、他の個人情報をリスクにさらす要求、他の当事者の機密を危うくする要求、過度に繰り返される要求、当社システムに大きな技術的修正を要する可能性がある要求に対し、当社は拒絶する権利があります。その情報要求が合理的な性質であるかぎり、費用は無料です。当社では、あらゆる要求に合理的な範囲で可能なかぎり速やかに、ただし通常30日以内に対応すればよいことになっています。ただし、韓国在住者に対しては、こうした要求に10日以内に対応する必要があります。

請求については、Privacy@cmegroup.comまでご連絡ください。

お問い合わせ先

当社方針に関する苦情・質問・コメントについては、すべてPrivacy@cmegroup.com までお知らせください。また、本方針に記載されているように、当社その他からの通知の配信を解除したい場合にもPrivacy@cmegroup.com までご連絡ください。ご質問やコメントは、すべて最高個人情報責任者のもとに送られます。

CME Group Inc.
20 S Wacker Drive
Chicago, IL 60606
1.312.930.1000
1.866.716.7274 (米国のみ)
privacy@cmegroup.com

 

関連情報

 

国(州)別特記事項

以下の通知が特定の国や州に居住する利用者に適用されます。

欧州の利用者

1998年データ保護法によって、以下の企業は、ICOデータ管理登録業者として登録されており、データ保護指令(95/46/EC指令)に基づく義務を遵守しています。

企業名 ICO登録番号
CME Benchmark Europe Limited ZA109641
CME Europe Limited Z3397979
CME Group International Market Data Limited ZA129138
CME Marketing Europe Limited Z9494920
CME Operations Limited Z2311059
CME Trade Repository Limited ZA004175
Elysian Systems Limited Z2531500
CME Technology and Support Services Limited Z3365155
CME Clearing Europe Limited Z1980204

利用者から収集した情報は、欧州経済領域(以下「EEA」)外の場所に転送され、保存されることがあります。また、利用者に製品やサービスが提供されるときに、当社や当社の供給業者・サービス提供会社に勤務するEEA域外で業務を行っている職員が、データ処理を行うことがあります。特に、サポートサービスに従事している職員がこれに該当します。当社は利用者の個人情報が本方針に従って安全確実に取り扱われるよう、合理的かつ必要な処置をすべてとっています。また、欧州委員会に承認された標準契約条項など、個人情報を守るための仕組みを備えています。標準契約条項は、ここから入手できます。

カリフォルニア州のプライバシー権

特定の共同スポンサーによる共同販売プログラムの一環である場合を除き、第三者による直販のために当社が第三者と個人情報を共有することはありません。この取扱いに変更があった場合、当社は本方針においてカリフォルニア民法典第1798.83節をどのように遵守しているのかを詳細にご説明します。

香港の利用者

当社は通常業務の一環として、また利用者個々の要望に応じるため、個人情報(プライバシー)条例第486章の規定に従い、個人情報を使用しています。

利用者から収集したデータは、香港域外の場所に転送され、保存されることがあります。また、利用者に製品やサービスが提供されるときに、当社や当社の供給業者・サービス提供会社に勤務する香港域外で業務を行っている職員が、データ処理を行うことがあります。特に、サポートサービスに従事している職員がこれに該当します。利用者は個人情報を送信することで、この転送・保存・処理に同意したことになります。利用者の個人情報を域外の第三者に開示することがありますが、こうした第三者には当社と合意した以外の目的で利用者の情報を使用する権限はありません。

日本の利用者

利用者から収集したデータは、日本国外の場所に転送され、保存されることがあります。また、利用者に製品やサービスが提供されるときに、当社や当社の供給業者・サービス提供会社に勤務する日本国外で業務を行っている職員が、データ処理を行うことがあります。特に、サポートサービスに従事している職員がこれに該当します。利用者は個人情報を送信することで、この転送・保存・処理に同意したことになります。

当社は個人情報を次に挙げる第三者に転送する場合がありますので、ご了承ください。(ⅰ)個人情報保護委員会(以下「PPC」)の規則上、個人情報の保護に関する法律(以下「APPI」)に相当する個人情報保護法を有するとは認められていない国の第三者、または(ⅱ)PPC規則に定められた要件を満たす個人情報保護のための内部体制を確立していない第三者。利用者は個人情報を送信することで、そうした第三者に個人情報が転送されることにも同意したことになります。当社は、利用者の個人情報が本方針とAPPIに従って安全確実に取り扱われるよう、合理的かつ必要な処置をすべてとっています。利用者の個人情報を国外の第三者に開示することがありますが、こうした第三者には当社と合意した以外の目的で利用者の情報を使用する権限はありません。

韓国の利用者

利用者から収集したデータは、韓国国外の第三者に転送され、保存されることがあります。また、利用者に製品やサービスが提供されるときに、当社または当社の供給業者に勤務している職員が、データ処理を行うことがあります。特に、サポートサービスに従事している職員がこれに該当します。予定されているデータ処理が利用者との合意を実行するのに必要でないかぎり、個人情報を(ⅰ)収集および使用をする、(ⅱ)収集および利用する目的を変更する、また(ⅲ)第三者に提供する前に、当社は、韓国の個人情報保護法(以下「PIPA」)および同国の関連法規制に従い、利用者の同意の取得に努めます。

当社が、韓国国外の個人・団体に個人情報に対し、利用者の個人情報を転送する、もしくは個人情報の処理を委託する場合、または韓国外の個人・団体に個人情報を保存・入手させる場合、当社は、本方針、PIPAおよび韓国の関連法規制に従い、利用者のデータが安全確実に扱われるよう、合理的かつ必要な処置をとります。

中国の利用者

本方針は、当社が利用者の同意を得たうえで、個人情報を収集・使用することのできる目的・方法・範囲を定めています。

当社は、適用される法規制に違反すると考えられる投稿を確認した場合、関連する記録を保存し、関係当局に報告する権利があります。

ご自身の身元やプライバシーが侵害されている、その他損なわれていることに利用者が気付いた場合には、本方針の「お問い合わせ先」にあるように、該当する情報の削除や、その他合理的な処置をとりますので、当社までお知らせください。

シンガポールの利用者

当社は通常業務の一環として、また利用者個々の要望に応じるため、2012年個人情報保護法(以下「PDPA」)の規定に従い、個人情報を収集・使用・開示することができます。

シンガポール国外に利用者の個人データが転送される場合、当社はPDPAを遵守するよう努めています。例えば、PDPAの適用が除外される場合でないかぎり、利用者本人の同意を得るようにしています。また、個人データを受け取った外国の組織に対して、少なくともPDPAと同程度の保護基準を実施する法的強制力のある義務に確実に拘束されるよう、適切な処置を講じています。さらに、情報を受け取る外国の組織と当社は、個人データの転送の適切な処理に関する契約を結んでいます。ただし、PDPAで認められている場合には、そのような契約を締結することなく個人データの転送を行うことが認められる場合があります。

利用者は個人情報を送信することで、本方針に従った当社による個人情報の使用に同意したことになります。利用者の個人情報をシンガポール国外の第三者に開示することがありますが、こうした第三者には当社と合意した以外の目的で利用者の情報を使用する権限はありません。