米国債市場は新時代へ

  • 1 Jun 2016
  • By CME Group

銀行規制の変更に伴い、簿外取引(オフバランスシート)での米国債の需要が高まっています。このことは、スワップ・スプレッドがマイナス圏で推移していることや、米国債の現物取引に対して先物取引の割合が増え続けていることからも見てとれます。市場のコメンテーターによると、米国債先物の流動性は現物債市場に匹敵するほどの規模に成長しています。また、米国債の先物取引は、現物債市場でたびたび生じるようになっているフェイル(受渡不履行)の問題ともほぼ無縁です。

この資料は、広範な米国債市場(現物と先物を含めた市場)で先物の重要性が一層高まっていることを示す事実と、その背景にある要因を総括することを目的としています。

PDFをダウンロードする

CME グループについて

世界の市場参加者はCME グループの国際金融市場への公正かつオープンなアクセスに厚い信頼を寄せています。CME グループの中核はCME、CBOT、NYMEX、COMEXの4つの主要取引所で、世界を代表するベンチマーク銘柄や地域特有の成長商品など、すべてのアセットクラスを網羅して幅広く提供しています。これらの取引所は信頼性と専門性により裏付けられた、世界を先導するデリバティブ市場として機能しています。