7月オプション・レビュー

  • 10 Aug 2016
  • By CME Group

先物・オプションが提供するより柔軟な権利行使価格、満了までの期間、権利行使スタイル、そして精密さにより、市場参加者のそれぞれのニーズに沿ったリスク管理戦略のカスタマイズがこれまで以上に可能になりました。

資産クラス別レビュー

オプション群の概要

資産クラス 電子取引の出来高 出来高合計 電子取引の比率 取組高*
ADV 前年比 ADV 前年比
オプション合計 1,675,390 6% 3,169,688 9% 53% 53,815,199
金利 656,323 7% 1,847,240 18% 36% 35,068,940
株価指数 534,400 2% 586,914 0% 91% 5,336,275
農産物 216,315 1% 317,840 -10% 68% 3,640,695
エネルギー 182,021 38% 318,410 9% 57% 7,828,913
通貨 59,734 -11% 61,988 -11% 96% 711,464
金属 26,598 -20% 37,295 -17% 71% 1,228,912

*取組高は2016年7月29日現在


金利・債券オプション

最も活発に取引されている金利・債券オプション –2016年7月

オプション商品 銘柄記号 電子取引の出来高 出来高合計
ADV 前年比 ADV 前年比 プット比率
ユーロドル(四半期、シリアル) GE 159,622 81% 836,705 86% 60%
1年ミッドカーブ GE0 75,817 93% 300,850 62% 70%
2年ミッドカーブ GE2 36,502 -15% 128,283 -35% 62%
3年ミッドカーブ GE3 16,418 -24% 64,190 -24% 61%
4年ミッドカーブ GE4 2,431 152% 12,249 105% 44%
10年国債 OZN 191,195 -5% 268,334 -16% 55%
5年国債 OZF 41,822 0% 65,548 -3% 67%
長期米国債 OZB 52,789 -21% 66,689 -29% 51%
10年物週次 ZN1-5 55,948 -29% 74,003 -35% 68%
30年物週次 ZB1-5 11,876 -5% 14,904 -3% 56%
5年物週次 ZF1-5 6,748 -48% 8,697 -54% 77%
2年国債 OZT 3,875 27% 4,504 -28% 73%
超長期米国債 OUB 253 10% 350 34% 64%
ウルトラ10年米国債 OTN 42 N/A 142 N/A 86%

*取組高は2016年7月29日現在

トレンドとハイライト

  • CME Globexで上で電子取引された米国債オプションの比率は過去最高の73%を記録
  • ユーロドル・オプションの取組高は3,166万1,532枚と、四半期限月とシリアル限月での保有は68%に達する
  • ウルトラ10年物米国債オプションの月末の取組高は前月比139%増の2,940枚を記録

株価指数オプション

最も活発に取引されている株価指数オプション –2016年7月

オプション商品 銘柄記号 ADV 前年比 プット比率 取組高*
E-mini S&P 500オプション   526,692 1% 60% 4,476,994
四半期 ES 102,349 -67% 62% 1,879,773
週次 EW1 - EW4 325,104 133% 61% 1,999,107
月末 EW 99,239 35% 54% 598,114
S&P 500オプション   52,514 -12% 51% 757,133
四半期 SP 6,955 -85% 43% 198,004
週次 EV1 - EV4 31,364 519% 57% 369,861
月末 EV 13,949 95% 41% 189,268
E-mini NASDAQ-100オプション   7,362 63% 52% 69,505
四半期とシリアル NQ 3,257 -4% 54% 42,964
週次 QN1 - QN4 2,185 116% 51% 25,741
月末 QNE 1,341 977% 50% 800
E-Miniダウ(5ドル) YM 346 17% 52% 10,618

*取組高は2016年7月29日現在

トレンドとハイライト

  • 株価指数オプションの1日平均出来高(ADV)は前年比1%増の58万6,914枚
  • E-mini S&P 500オプションの7月のADVは52万6,692枚と、2015年通年ADVに比べて5%増加
  • S&P 500オプションの7月のADVは5万2,514枚と、2015年通年のADVに比べて13%増加
  • E-mini S&P 500月末オプションが当月も目覚ましい伸びを示し、7月のADVは9万9,239枚と、2015年通年のADVに比べて89%増加
  • E-mini NASDAQ-100 オプションは2016年も勢いを持続させ、 7月のADVは7,362枚と、2015年通年のADVに比べて21%増加
    • 週次オプションの7月のADVは 2,185枚と2015年通年のADVに比べて126%増加し、月末オプションのADVも1,341枚と2015年通年のADVに比べて400%増加

エネルギー・オプション

最も活発に取引されているNYMEXオプション–2016年7月

オプション商品 銘柄記号 決済方法 ADV 前年比 電子取引の比率 取組高*
WTI原油 LO 現物 170,730 0% 78% 2,889,573
 WTI 1ヵ月カレンダー・スプレッド・オプション WA 現物 16,501 62% 39% 698,671
 WTI 1ヵ月カレンダー・スプレッド・オプション 7A 差金決済 5,450 7% 0% 372,295
WTI平均価格オプション AO 差金決済 1,000 -32% 0% 276,861
WTI原油週次オプション LO1-LO5 現物 732 72% 95% 1,832
ブレント原油先物証拠金方式オプション BZO 差金決済 1,330 N/A 15% 42,510
WTI原油ヨーロピアン・オプション LC 差金決済 1,190 -65% 0% 76,339
WTI-ブレント・スプレッド・オプション BV 差金決済 718 14% 0% 17,450
天然ガス・ヨーロピアン・オプション LN 差金決済 97,805 18% 27% 2,818,476
天然ガス・オプション ON 現物 15,605 65% 98% 151,002
天然ガス3ヵ月カレンダー・スプレッド・オプション G3 差金決済 852 83% 0% 53,415
天然ガス日次オプション KD 差金決済 864 -3% 0% 0
NY港渡し(ULSD) OH 現物 2,493 55% 12% 67,450
RBOBガソリン OB 現物 1,018 -50% 24% 30,465

*取組高は2016年7月29日現在

トレンドとハイライト

  • エネルギー・オプションの電子取引の比率は57%に達し、電子取引の1日平均出来高は前年比38%増加の18万2,021枚を記録
  • 天然ガス
    • 天然ガスオプションの電子取引の比率は過去最高の36%と、前年同月の11%を上回った
    • 天然ガス差金決済オプション(LN)の電子取引の1日平均出来高は前年比13倍の2万6,1073枚
  • 原油
    • WTI原油(LO)オプションの電子取引の比率は過去最高の78%を記録
    • WTI カレンダー・スプレッド・オプションの取組高は、12ヶ月先までの原油のコンタンゴ(順ザヤ)の反転を背景に、過去最高に達した
    • ブレンド先物先物証拠金方式オプション(BZO)の取組高は増え続けて、月末に4万2,510枚を記録

農産物オプション

最も活発に取引されている農産物オプション–2016年7月

オプション商品 銘柄記号 ADV 前年比 電子取引の比率 プット比率 取組高*
トウモロコシ OZC 121,523 -22 67% 49% 1,473,444
大豆 OZS 106,838 38% 75% 47% 916,706
軟質赤冬(SRW)小麦 OZW 23,355 -39% 67% 59% 281,519
生牛 LE 12,837 5% 77% 51% 240,211
豚赤身肉 HE 10,715 -8% 79% 61% 169,133
大豆ミール OZM 9,249 -1% 63% 53% 197,909
大豆油 OZL 8,189 -1% 48% 44% 138,345
肥育牛 GF 1,589 -11% 85% 54% 42,338
硬質赤冬(KC HRW)小麦 OKE 1,258 23% 63% 67% 44,878
クラスIII牛乳 DC 1,188 6% 67% 45% 80,637

非標準オプション–2016年7月

オプション商品 ADV 前年比 電子取引の比率 プット比率 取組高*
短期新穀オプション 18,009 -45% 41% 62% 163,866
週次オプション 1,526 -40% 52% 56% 2,154
カレンダー・スプレッド・オプション 823 -42% 0% 37% 25,530

*取組高は2016年7月29日現在

トレンドとハイライト

  • 大豆オプションの出来高は前年比38%増加
  • 豚赤身肉のボラティリティは高止まり(30%)
  • 12月限のトウモロコシのボラティリティは、抑制された水準にとどまる(22%)
  • EU 小麦オプションは9月12日に上場開始

FXオプション

最も活発に取引されているFXオプション–2016年7月

オプション商品 銘柄記号 ADV 前年比 プット比率 取組高*
EUR/USD 6E 24,418 -37% 53% 264,866
JPY/USD 6J 16,698 64% 48% 178,822
GBP/USD 6B 9,402 38% 51% 119,621
AUD/USD 6A 5,384 -25% 56% 71,512
CAD/USD 6C 5,649 -12% 56% 64,713
CHF/USD 6S 299 -28% 64% 9,012
MXN/USD 6M 138 74% 18% 2,749

*取組高は2016年7月29日現在

トレンドとハイライト

  • 2016年7月の FXオプションのADVは6万1,988枚(名目ベースで70億ドル)
  • アジアの取引時間のFXオプション は前年比66%増
  • 月末の取組高は71万1,464枚

ヨーロピアン・スタイルのFXオプションへの移行

  • G6通貨ペアのFXオプションについて、 8月にアメリカン・スタイルからヨーロピアン・スタイルへの移行を開始( 具体的な詳細については、2016年7月13日付けのSERを参照)
    • AUD/USD、GBP/USD、CAD/USD、EUR/USD、JPY/USD、CHF/USD のヨーロピアン・スタイルの週次、月次および四半期オプション取引は、直近の四半期先物契約で執行される。
    • 2017年1月限のシリアル・オプションは、2016年8月8日の取引日に初めて上場
  • CMEグループは、G6通貨ペアの既存のアメリカン・スタイルのFXオプション取引について、追加の限月の上場を廃止する予定
    • アドバイザー通知の付表1は、アメリカン・スタイルのオプション取引の最終満期日カレンダーの詳細を示している

金属オプション

最も活発に取引されている金属オプション–2016年7月

オプション商品 銘柄記号 ADV 前年比 電子取引の比率 プット比率 取組高*
OG 29,277 -24% 69% 43% 1,046,079
SO 6,731 22% 88% 39% 131,922
鉄鉱石 ICT 320 -52% 0% 81% 33,886
HX 290 205% 55% 42% 5,711
パラジウム PAO 270 118% 9% 72% 6,946
金週次 OG1-OG5 266 257% 87% 53% 177
プラチナ PO 133 -25% 21% 12% 4,327

*取組高は2016年7月29日現在

トレンドとハイライト

  • CME Globexで上で電子取引された金属オプションは全体の71%
  • 銅オプションのADVは前年比205%増の290枚に達し、 2016年の年初来のADVの133枚から118%増加
    • 銅オプションは、7月25日に取組高が6,966枚と3年ぶりの高水準に達した
  • 金の週次オプションのADVは前年比257%増の過去最高の266枚に達し、7月7日には1日の出来高として過去最高の1,049枚を記録
    • 金週次オプションの取組高は、7月7日に1,972枚と過去最高を達成

オプションのツールと資料

QuikStrikeオプション価格&分析cmegroup.com/quikstrike

CME Direct | cmegroup.com/direct

リクエスト・フォー・クオート(RFQ) 機能| cmegroup.com/rfq

デイリー市場概要レポート

オプションに関する各種情報cmegroup.com/options

前年比:2016年6月を2015年6月と比較
前月比:2016年6月を2016年5月と比較

免責事項

先物取引やスワップ取引は、あらゆる投資家に適しているわけではありません。損失のリスクがあります。先物やスワップはレバレッジ投資であり、取引に求められる資金は総代金のごく一部にすぎません。そのため、先物やスワップの建玉に差し入れた当初証拠金を超える損失を被る可能性があります。したがって、生活に支障をきたすことのない、損失を許容できる資金で運用すべきです。また、一度の取引に全額を投じるようなことは避けてください。すべての取引が利益になるとは期待できません。

本資料に掲載された情報およびすべての資料を、金融商品の売買を提案・勧誘するためのもの、金融に関する助言をするためのもの、取引プラットフォームを構築するためのもの、預託を容易に受けるためのもの、またはあらゆる裁判管轄であらゆる種類の金融商品・金融サービスを提供するためのものと受け取らないようにしてください。本資料に掲載されている情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。助言を意図したものではなく、また助言と解釈しないでください。掲載された情報は、特定個人の目的、資産状況または要求を考慮したものではありません。本資料に従って行動する、またはそれに全幅の信頼を置く前に、専門家の適切な助言を受けるようにしてください。

本資料に掲載された情報は「当時」のものです。明示のあるなしにかかわらず、いかなる保証もありません。CME Groupは、いかなる誤謬または脱漏があったとしても、一切の責任を負わないものとします。本資料には、CME Groupもしくはその役員、従業員、代理人が考案、認証、検証したものではない情報、または情報へのリンクが含まれている場合があります。CME Groupでは、そのような情報について一切の責任を負わず、またその正確性や完全性について保証するものではありません。CME Groupは、その情報またはリンク先の提供しているものが第三者の権利を侵害していないと保証しているわけではありません。本資料に外部サイトへのリンクが掲載されていた場合、CME Groupは、いかなる第三者も、あるいはそれらが提供するサービスおよび商品を推薦、推奨、承認、保証、紹介しているわけではありません。

CME Groupと「芝商所」は、CME Group, Inc.の商標です。地球儀ロゴ、E-mini、E-micro、Globex、CME、およびChicago Mercantile Exchangeは、Chicago Mercantile Exchange Inc.(CME)の商標です。CBOTおよびChicago Board of Tradeは、Board of Trade of the City of Chicago, Inc.(CBOT)の商標です。ClearportおよびNYMEXは、New York Mercantile Exchange, Inc.(NYMEX)の商標です。本資料は、その所有者から書面による承諾を得ない限り、改変、複製、検索システムへの保存、配信、複写、配布等による使用が禁止されています。

Dow Jonesは、Dow Jones Company, Inc.の商標です。その他すべての商標が、各所有者の資産となります。

本資料にある規則・要綱等に関するすべての記述は、CME、CBOTおよびNYMEXの公式規則に準拠するものであり、それらの規則が優先されます。 取引要綱に関する事項はすべて、現行規則を参照するようにしてください。

CME、CBOTおよびNYMEXは、シンガポールでは認定市場運営者として、また香港特別行政区(SAR)では自動取引サービスプロバイダーとして、それぞれ登録されています。ここに掲載した情報は、日本の金融商品取引法(法令番号:昭和二十三年法律二十五号およびその改正)に規定された外国金融商品市場に、もしくは外国金融商品市場での取引に向けられた清算サービスに、直接アクセスするためのものではないという認識で提供しています。CME Europe Limitedは、香港、シンガポール、日本を含むアジアのあらゆる裁判管轄で、あらゆる種類の金融サービスを提供するための登録または認可を受けていませんし、また提供してもいません。CME Groupには、中華人民共和国もしくは台湾で、あらゆる種類の金融サービスを提供するための登録または認可を受けている関連機関はありませんし、また提供してもいません。本資料は、韓国では金融投資サービスおよび資本市場法第9条5項並びに関連規則で、またオーストラリアでは2001年会社法(連邦法)並びに関連規則で、それぞれ定義されている「プロ投資家」だけに配布されるものであり、したがってその頒布には制限があります。

Copyright © 2016 CME Group and芝商所. All rights reserved.

他のレポートを読む

過去1年間の月次オプションレポートを閲覧できます。

過去のレポートを表示

CME グループについて

世界の市場参加者はCME グループの国際金融市場への公正かつオープンなアクセスに厚い信頼を寄せています。CME グループの中核はCME、CBOT、NYMEX、COMEXの4つの主要取引所で、世界を代表するベンチマーク銘柄や地域特有の成長商品など、すべてのアセットクラスを網羅して幅広く提供しています。これらの取引所は信頼性と専門性により裏付けられた、世界を先導するデリバティブ市場として機能しています。