鉄鉱石先物・オプションの概要

  • 27 Sep 2016
  • By CME Group

サービス内容

CMEグループの鉄鉱石プロダクトは、関連商品群が最も完備されています。例えば

プロダクト・タイプ

名称

償還期間

指数

TIO(鉄鉱石)先物

鉄鉱石 62% FE CFR North China (TSI)

48 M

TSI*

ICTオプション

鉄鉱石 62% FE CFR North China (TSI)

36 M

TSI*

TIC先物

鉄鉱石 58% FE Low Alumina CFR China

36 M

TSI*

PIO先物

鉄鉱石62% FE CFR China (Platts)

36 M

プラッツ社(価格情報会社)

ICPオプション

鉄鉱石58% FE Low Alumina CFR China (Platts)

36 M

プラッツ社(価格情報会社)

CMEグループの鉄鉱石先物は取引単位がすべて500DMT(ドライメトリックトン)です。ブロック取引は最低10枚からで、最終的に差金による決済です。鉄鉱石プロダクトはCMEグループでは以下に挙げるような鉄系材料部門に含まれており、効果的なリスク管理ツールとして活用されています。

  • 原料(原料炭・一般炭)
  • 最終製品(米国向け・欧州向けの熱延帯鋼)
  • スクラップ(米国向け・トルコ向けの新断バラ).

取引コストの効率性

安価で透明性の高い取引手数料に加えて、CMEグループの鉄鉱石プロダクトは現在、2016年12月末まで、(清算手数料を除いて)取引所手数料の課金免除となっています。

先物市場の長所を享受

決済業務の透明性

日々の決済は、以下の市場情報などを元に実施されます。(ただし、これらに限定されません。)

  • CME Globex に残っている買い注文(買値)と売り注文(売値)、さらに日中に執行された取引(約定値)を考慮
  • 需要家や生産者など、店頭取引市場(OTC)参加者を総じて扱っているOTCブローカーから採取した価格データ
  • 信頼に足るその他情報源からの価格データ
  • 一部に偏りやすい集団に依存することなく正確性を期した価格の発見

取引の視認性と透明性

CMEグループの鉄鉱石プロダクトは主に、CME Globex でオンライン取引されたもの、またはOTC取引された後、CME ClearPort を通じて清算されたブロック取引となっています。

取引参加者の匿名性が担保された上で、市場参加者はこれまでにない可視レベルで取引の流れを確認できます。

損益を即座に実現

その他のプロダクトと同様に、CMEグループの鉄鉱石は、反対取引が執行された時点で、当該売買による収益や損失が即時に反映されます。

満期日までポジションを保有した場合は、当限の最終営業日後に決済が行われます。

マーケット・メーカー・プログラム

プロダクト:  Globex で取引されるTIOとICT

市場流動性の提供者に対しては取引所手数料の免除、月間取引枚数によるボーナスの支給も用意されています。

クロス・マージンの恩恵

クロス・マージンによる証拠金相殺率は、最大65%

主要な関連プロダクト間の取引において、CMEグループはクロス・マージンを適用し、最大65%まで証拠金の相殺が可能です。

CMEグループの鉄鉱石プロダクトに対する当初証拠金は、CMEグループで上場されているその他の商品を同一のFCM(先物取引業者)の清算口座で保有している場合、部分的に相殺することが可能となっています。

証拠金の相殺は、鉄合金や地金だけでなく、貴金属や石炭など、大多数の流動性の高いプロダクトとの間で可能となっています。

取引所

スプレッド

証拠金相殺率

NYM

PIO - 鉄鉱石(プラッツ)先物

65%

CMX

HG - COMEX銅先物

50%

CMX

ZNC - 亜鉛先物

45%

CMX

ALI - アルミ先物

35%

NYM

PA - パラジウム先物

35%

CMX

SI - COMEX5000 銀先物

30%

NYM

TIC - アジア向け鉄鉱石先物

30%

NYM

MCC - インドネシア産石炭(マクロスキー亜瀝青炭)先物

30%

CMX

A38 - アルミニウム合金A380(プラッツ)先物

30%

NYM

NY-ALW  豪州産 コークス(Platts)Low Vol

25%

NYM

MTF - 石炭API 2(Cif ARA=欧州到着ベース)(アーガス=マクロスキー)先物

20%

NYM

SSI - 石炭API 8(Cfr South China=中国華南着ベース)先物

20%

鉄鉱石オプション(ICT)の取組高が急増中

世界の3つの時間帯における主要取引市場、アジア、欧州、米国へのアクセスできます。

資本効率が高い証拠金の低減化

証拠金の低減化とは、時間の経過と共に、証拠金が低減する傾向のことです。多くのプロダクトは、月間の価格変化を証拠金の基としていることから、通常の証拠金に比べてリスク評価が低く、証拠金を低減させる背景となっています。

証拠金の低減は現在、価格スキャン*(月末までの日数/月間日数)で計算されており、日が進むにつれて証拠金額は低減することになります。

要は、限月の実際の日数が減少するに従って、証拠金額は低下していくことになります。

限月半ばの段階では、およそ50%の水準まで当初証拠金額が低減するという事であり、低減分の資金を他の用途に用いるなど、取引参加者にとっては資金的な余裕が増すことになります。

CME TIO鉄鉱石先物、2016年7月14日現在

取引開始期間

取引終了期間

維持証拠金

維持証拠金低減率

2016年7月

2016年7月

1,596米ドル

0.06

2016年8月

2016年10月

2,500米ドル

0.045

2016年11月

2019年12月

2,500米ドル

0.03

先物曲線の全域にわたる流動性

2016年7月末時点で、TIOの建玉は2018年12月物までにおよび、その総数は22,000枚超に達しています。

市場シェア・出来高・取組高が増加中

出来高増が2つの主要顧客層の注目を引いています。

  • 従来から現物を取引している顧客
  • 新規のプロップ会社と資金運用者

最先端のテクノロジー

CME Directは最も費用効率と透明性が高い取引方法。

  • NYMEX、COMEX、CME、CBOTなどの市場へのフロント・エンド・アクセス
  • 板情報の参照により、自他の発注状況を確認
  • インストールが安全かつ簡単で、ソフトの操作も簡単に
  • CME Globexのあらゆる取引形態と条件注文(成行、指値、ストップ、当日、GTC、GTD、FAK、FOK)に対応
  • 簡単明瞭に執行と発注

CMEグループの鉄鉱石先物についての詳細は cmegroup.com/ferrous をご覧いただくか metals@cmegroup.com までお問い合わせください。

免責事項

先物取引やスワップ取引は、あらゆる投資家に適しているわけではありません。損失のリスクがあります。先物やスワップはレバレッジ投資であり、取引に求められる資金は総代金のごく一部にすぎません。そのため、先物やスワップの建玉に差し入れた当初証拠金を超える損失を被る可能性があります。したがって、生活に支障をきたすことのない、損失を許容できる資金で運用すべきです。また、一度の取引に全額を投じるようなことは避けてください。すべての取引が利益になるとは期待できません。

本資料に掲載された情報およびすべての資料を、金融商品の売買を提案・勧誘するためのもの、金融に関する助言をするためのもの、取引プラットフォームを構築するためのもの、預託を容易に受けるためのもの、またはあらゆる裁判管轄であらゆる種類の金融商品・金融サービスを提供するためのものと受け取らないようにしてください。本資料に掲載されている情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。助言を意図したものではなく、また助言と解釈しないでください。掲載された情報は、特定個人の目的、資産状況または要求を考慮したものではありません。本資料に従って行動する、またはそれに全幅の信頼を置く前に、専門家の適切な助言を受けるようにしてください。

本資料に掲載された情報は「当時」のものです。明示のあるなしにかかわらず、いかなる保証もありません。CME Groupは、いかなる誤謬または脱漏があったとしても、一切の責任を負わないものとします。本資料には、CME Groupもしくはその役員、従業員、代理人が考案、認証、検証したものではない情報、または情報へのリンクが含まれている場合があります。CME Groupでは、そのような情報について一切の責任を負わず、またその正確性や完全性について保証するものではありません。CME Groupは、その情報またはリンク先の提供しているものが第三者の権利を侵害していないと保証しているわけではありません。本資料に外部サイトへのリンクが掲載されていた場合、CME Groupは、いかなる第三者も、あるいはそれらが提供するサービスおよび商品を推薦、推奨、承認、保証、紹介しているわけではありません。

CME Groupと「芝商所」は、CME Group, Inc.の商標です。地球儀ロゴ、E-mini、E-micro、Globex、CME、およびChicago Mercantile Exchangeは、Chicago Mercantile Exchange Inc.(CME)の商標です。CBOTおよびChicago Board of Tradeは、Board of Trade of the City of Chicago, Inc.(CBOT)の商標です。ClearportおよびNYMEXは、New York Mercantile Exchange, Inc.(NYMEX)の商標です。本資料は、その所有者から書面による承諾を得ない限り、改変、複製、検索システムへの保存、配信、複写、配布等による使用が禁止されています。

Dow Jonesは、Dow Jones Company, Inc.の商標です。その他すべての商標が、各所有者の資産となります。

本資料にある規則・要綱等に関するすべての記述は、CME、CBOTおよびNYMEXの公式規則に準拠するものであり、それらの規則が優先されます。 取引要綱に関する事項はすべて、現行規則を参照するようにしてください。

CME、CBOTおよびNYMEXは、シンガポールでは認定市場運営者として、また香港特別行政区(SAR)では自動取引サービスプロバイダーとして、それぞれ登録されています。ここに掲載した情報は、日本の金融商品取引法(法令番号:昭和二十三年法律二十五号およびその改正)に規定された外国金融商品市場に、もしくは外国金融商品市場での取引に向けられた清算サービスに、直接アクセスするためのものではないという認識で提供しています。CME Europe Limitedは、香港、シンガポール、日本を含むアジアのあらゆる裁判管轄で、あらゆる種類の金融サービスを提供するための登録または認可を受けていませんし、また提供してもいません。CME Groupには、中華人民共和国もしくは台湾で、あらゆる種類の金融サービスを提供するための登録または認可を受けている関連機関はありませんし、また提供してもいません。本資料は、韓国では金融投資サービスおよび資本市場法第9条5項並びに関連規則で、またオーストラリアでは2001年会社法(連邦法)並びに関連規則で、それぞれ定義されている「プロ投資家」だけに配布されるものであり、したがってその頒布には制限があります。

Copyright © 2016 CME Group and芝商所. All rights reserved.

CME グループについて

世界の市場参加者はCME グループの国際金融市場への公正かつオープンなアクセスに厚い信頼を寄せています。CME グループの中核はCME、CBOT、NYMEX、COMEXの4つの主要取引所で、世界を代表するベンチマーク銘柄や地域特有の成長商品など、すべてのアセットクラスを網羅して幅広く提供しています。これらの取引所は信頼性と専門性により裏付けられた、世界を先導するデリバティブ市場として機能しています。

使用言語: