CME通貨先物で外国為替レートの変動リスクをヘッジする

  • 5 Jan 2016
  • By CME Group

為替リスクをヘッジする仕組み

農産品企業は、生産や市場におけるリスクばかりに目を向けがちです。しかし、国際的に事業を展開するうえで、さらに考慮すべきことがあります。増大する外国為替レートの変動性です。CME通貨先物は、企業がそれぞれのリスク事情に合わせたヘッジ戦略を構築し、こうした付加的な不透明性を避け、利益を確保する手段として利用できます。しかも、従来の受渡(フォワード)取引にはつきものの信用リスクが除かれているのです。

本資料では、カナダの農産品企業がCAD/USD(加ドル/米ドル)通貨先物のレバレッジを活用する例を挙げ、為替変動リスクのヘッジについて詳しく説明しています。CAD/USD先物は、CMEグループの通貨市場で利用できる、多くの流動的かつ効果的な通貨リスク管理手段のひとつです。質問や感想などございましたら、fxteam@cmegroup.com までご連絡ください。

全文を読む