よくあるご質問:金 キロ単位先物

  • 28 Sep 2015
  • By CME Group

よくあるご質問:

「金 キロ単位先物」の銘柄コードを教えてください。

銘柄コードは「GCK」です。

この新商品にはどのようなメリットがありますか?

» 本商品は、CMEグループに登録・管理された香港の施設で、現物の受渡しによって決済が可能な月次先物取引です。

» すべての限月で、日中の取引価格とスプレッド価格の透明性が確保されています。これにより、ほぼ24時間を通して、世界中の金市場との間でスプレッドや裁定取引の機会が利用できます。

» CMEグループの電子取引プラットフォーム「CME Globex」での売買に加えて、「CME ClearPort」を通じた店頭取引の清算が可能です。

» 世界最高水準の清算機関である「CME Clearing」は、一貫した清算・処理システムを通じて、金融面での安全性と信頼性を確保しています。

» ポジションは日ごとに値洗いされ、証拠金はCMEグループの主要な貴金属市場との間で相殺が可能です。

商品の概要について教えてください。

「金 キロ単位先物」の取引単位は1キログラム(=32.15トロイオンス)です。呼値は、1トロイオンス当たりの価格を米ドルで表記します。本商品はCOMEXに上場し、CME Globexでの電子取引、およびCME ClearPortを通じた店頭取引の清算が利用可能です。当限を含む3つの連続限月に加えて、12カ月以内の2月限、4月限、6月限、8月限、10月限および12月限が取引されます。このうち、活発に取引される中心限月は、2月限、4月限、6月限、8月限および12月限となります。最小価格変動幅は0.10ドル(先物1枚当たり3.215ドル)です。受渡しは、香港特別行政区(SAR)の区域内で行われます。

商品の概要に関するさらなる情報は、www.cmegroup.com/education/gold-kilo-futures-fact-card.html にてご覧いただけます。

なぜ、CMEグループはこの新商品を導入したのですか?

中国をはじめとする極東アジアでは金の現物需要が高まり、金の延べ棒は東側諸国へと移動してきています。この地域の中で、とりわけ香港を拠点とする地金のハブ(取引拠点)が重要性を増し、その市場情勢と価格動向に世界の注目が集まるようになっています。「金 キロ単位先物」は、コスト効率、流動性、価格発見機能、そしてリスク管理の仕組みを備えており、成長著しい極東の地金市場のみならず、世界中の市場参加者がほぼ24時間、リアルタイムでアクセス可能な商品となっています。

本商品は月ごとに満期が設定され、取引所の認定を受けた香港の施設で現渡しによって決済される先物商品です。受渡決済が行われることで、香港やアジア地域における金地金価格と先物市場の価格が直接的に連動し、先物の価格発見機能が担保されます。金の新たなベンチマークとなる本商品は、急成長を遂げるアジアの金地金市場のニーズに応え、世界中の投資家がこの地域のリスクをより良く管理するための、有益な価格基準として役立つでしょう。

この商品を利用できるのはどのような人ですか?

本商品と最も関連が深いのは、極東地域の金地金市場で現物を扱う世界各国の企業、またはこの地域の金価格に対してリスクを保有する企業です。こうした企業には、製錬業者、流通業者、銀行、仲介貿易業者、そしてエンドユーザー(宝飾品業者など)が含まれます。貴金属のビジネスに携わる市場参加者は、受渡決済が可能な商品でヘッジを行うことを好みます。また、投資家とリクイディティ・プロバイダーは、裁定取引機会の活用や価格リスクの管理を目的として、本商品を利用することができます。

金 キロ単位先物(GCK)は、どうすれば取引できますか?

GCKは、電子取引プラットフォームのCME Globexで取引できます。加えて、CMEグループの無料のフロントエンド取引ツールである「CME Direct」を通じて取引することもできます。CME Globexでは、指値注文集中板(CLOB)による値付けが行われ、市場参加者はほぼ24時間のアクセスが可能です。また、ブロック取引やEFPの個別交渉を通じてGCKを取引する場合は、CME ClearPortでの清算が可能です。

CME GlobexおよびCME Directとは何ですか?

CME Globexは、先物とオプションを売買するための世界規模の電子取引システムとしては世界初のプラットフォームであり、現在でも最速のプラットフォームの一つです。高機能、高信頼性、そして世界規模の接続を通じて、今日ではデリバティブの電子取引において世界一の市場となっています。CME Globexについての詳細情報は、www.cmegroup.com/globex/ でご覧いただけます。

CME Directは、インターネット上で安全に接続できる無料のフロントエンド・ツールです。ユーザーによる柔軟な設定変更が可能で、CMEグループの商品を売買する機能や、トレードの様々な局面で使える機能を備えています。CMEグループが提供する無料のフロントエンド取引ツール、CME Directについての詳しい情報は、www.cmegroup.com/direct をご参照ください。

CME ClearPortとは何ですか?

CME ClearPortは、店頭取引市場(OTC)の清算を包括的に行うサービスです。このサービスは、当初はエネルギー市場の清算とリスク管理業務を集中的に行うために、2002年に設立されました。今日では、様々な資産クラスを清算するための窓口として利用されています。CME ClearPortを通じた店頭取引の清算は、取引所外で行われる個別の価格交渉のために、より高い安全性と効率性、そして信頼性を提供しています。

GCKの取引でCME ClearPortの清算手続きに登録するためには、COMEXに清算会員口座を開設し、www.cmegroup.com/clearport にて「Exchange User License Agreement(EULA)」への同意を完了する必要があります。

ユーザー名とパスワードを受け取った後は、お客様の清算会員業者にご連絡いただき、RAV (Risk Allocation Value) Managerにお客様の清算口座を追加するよう指示してください。清算会員業者についての詳しい情報は、www.cmegroup.com/clearing/financial-and-regulatory-surveillance/clearing-firms.html をご参照ください。

GCKでは、どのような取引がCME ClearPortでの清算対象になりますか?

CME ClearPortでの清算対象となるGCK取引は、個別の交渉によって行われる取引です。ブロック取引、およびEFPとEFRを含むEFRP(Exchange for Related Positions)が、こうした取引に該当します。

GCKのブロック取引に関する詳細は、「GCKのブロック取引についてのファクトシート:www.cmegroup.com/trading/metals/gold-kilo-futures-block-trade-information.html」でご覧いただけます。

EFRP取引に関する詳しい情報は、次のページをご参照ください。
www.cmegroup.com/clearing/trading-practices/efp-efr-eoo-trades.html

GCKについてのさらに詳しい情報はどこで入手できますか?

金属市場に関するさらに詳しい情報は、cmegroup.com/metals をご覧いただくか、emailmetals@cmegroup.com にお問い合わせください。

CME グループについて

世界の市場参加者はCME グループの国際金融市場への公正かつオープンなアクセスに厚い信頼を寄せています。CME グループの中核はCME、CBOT、NYMEX、COMEXの4つの主要取引所で、世界を代表するベンチマーク銘柄や地域特有の成長商品など、すべてのアセットクラスを網羅して幅広く提供しています。これらの取引所は信頼性と専門性により裏付けられた、世界を先導するデリバティブ市場として機能しています。