米国が原油輸出を解禁

  • 21 Dec 2015
  • By Dan Brusstar and Bluford Putnam

米国政府が2016年9月までの予算を確保するために成立させた法案に伴い、米国の原油輸出禁止措置が2015年12月に解除された。米国では、1975年のジェラルド・フォード大統領政権下において、原油の輸出が原則禁止となった。当時の米国は、増大するOPECの影響力に対する社会不安や、世界経済に対する米国の影響力の低下、そして後にスタグフレーションとして知られることになる低成長・高インフレが問題になっていた。実際には、長年に渡る大統領の権限行使や規則変更によって、禁止措置はいわば穴だらけの決まり事であった。そのため、輸出の解禁に伴う原油価格への短期的な影響は比較的小さく、生産を押し上げる主要因にはならないと考えられる。しかし、自由貿易にとっての摩擦や障壁が取り除かれることは、市場でのより強固な価格発見プロセスや、より効率的な資本配分につながる。それゆえ、輸出禁止措置の解除は、米国の石油(West Texas Intermediate、通称:WTI)が国際的なベンチマークとして担う役割において、ポジティブな要因であろう。以下に、いくつかの重要な質問に対する私たちの見解を述べる。

質問1:実際に何が変わったのですか?

米国政府が2016年9月までの予算を確保するために成立させた法案に伴い、米国の原油輸出禁止措置が2015年12月に解除された。米国では、1975年のジェラルド・フォード大統領政権下において、原油の輸出が原則禁止となった。当時の米国は、増大するOPECの影響力に対する社会不安や、世界経済に対する米国の影響力の低下、そして後にスタグフレーションとして知られることになる低成長・高インフレが問題になっていた。実際には、長年に渡る大統領の権限行使や規則変更によって、禁止措置はいわば穴だらけの決まり事であった。そのため、輸出の解禁に伴う原油価格への短期的な影響は比較的小さく、生産を押し上げる主要因にはならないと考えられる。しかし、自由貿易にとっての摩擦や障壁が取り除かれることは、市場でのより強固な価格発見プロセスや、より効率的な資本配分につながる。それゆえ、輸出禁止措置の解除は、米国の石油(West Texas Intermediate、通称:WTI)が国際的なベンチマークとして担う役割において、ポジティブな要因であろう。以下に、いくつかの重要な質問に対する私たちの見解を述べる。

質問2:原油輸出の解禁によって、米国の原油生産量は大幅に増加しますか?

それは考えにくい。2014年第4四半期に始まった世界的な原油価格の低迷は今も続いており、価格の長期的な見通しが将来の生産量を決定づける要因であることに変わりはない。中国は引き続き減速しており、新興国市場の成長は停滞気味だ。欧州の実質GDPは1~2%程度の成長率で、米国はそれよりも少し高く、日本は少し低いくらいだろう。つまり、需要を劇的に押し上げる要因はどこにもない。また、石油は主として移動のための燃料だが、移動にかかるエネルギーは年々効率化されてきている。要するに、需要サイドには価格の再上昇につながる要因はない。一方、供給サイドでは、2015年に石油セクターへの投資がほとんど無かったことや、価格の低迷が今後何年にも渡って続くという一致した見方によって、米国における2016年の石油生産は減少すると私たちは見ている。しかし、米国やカナダで2016年に減産が行われたとしても、中東地域の増産によってその影響は相殺されるだろう。これには、世界の石油市場に復帰するイラン産原油も含まれる。それでも、バッケン-WTI間のスプレッド(価格差)が縮小することで、米国の生産者には若干のメリットがあるだろう。なぜなら、今後はバッケンを含む国内産のスイート原油を国外でも売れるようになり、全体として収益の増加が見込めるからだ。

質問3:ブレント-BTIやその他の原油価格スプレッドは、どのような影響を受けますか?

原油輸出の解禁は、北海ブレント原油とWTI原油の価格差を段階的に縮小させる変化をもたらす可能性がある。実際、12月には、米国の原油輸出が解禁されるかもしれないというニュースとともに、異なる原油グレード間の相対価格に変化が見られた。スポット市場と先物市場の両方で、WTI-ブレント間のスプレッドが僅かに縮小した。また、バッケン-WTI間のスプレッドも縮小した。加えて、米国のメキシコ湾岸地域では、サワー原油(例:Mars)に対して、WTIとLLS(ルイジアナ軽質スイート原油)の相対価格が上昇した。輸出の禁止措置は、米国のメキシコ湾岸の市場において、サワー原油に対するスイート原油の相対価格を人為的に抑制していた。そのため、この市場では原油の輸出解禁が発表されるまでの数週間に渡って、スイート-サワー間のスプレッドに明らかな変化が見られた。

2006年以前は、米国の石油生産量がまだ少なく、米国北東部の石油精製所でWTIとブレントが競合していた。1993年から2006年にかけては、スポット市場におけるWTI-ブレントのスプレッドは極めて小さく、それほど大きな変動もなかった。その後、米国の石油生産の急激な増加によって、高値で売れる地域に石油を輸送するためのインフラが追いつかなくなった。また、石油精製品の輸出もまだそれほど増えていなかった。2011年~2012年にかけては、ブレントはWTIよりも常に20ドル高く取引されるようになり、2011年9月には29.70ドルという最大の価格差をつけた。このとき、市場は一時的に分離した。2013年と2014年には、米国における石油の輸送、および貯蔵のためのインフラが整い、生産量の急増に対応できるようになったことで、スプレッドは著しく縮小した。原油の輸出解禁は、あらゆる産地の原油間で競争を高めるため、何年か後にはブレントとWTIの平均的なスプレッドがゼロに近づくことも予想される。しかし、北海での天候被害やメンテナンス供給の障害、そしてブレントの生産量の減少がもたらすベーシス・リスク(連動性の高い二つの金融商品の乖離によって損益が変動するリスク)はきわめて高く、スプレッドが平均値を挟んで大きく変動する可能性もある。

図 1.

図 2.

質問4:石油精製品にはどのような影響がありますか?

輸出解禁がもたらすもう一つの影響は、輸送コストが低く、精製需要が高い地域に米国の石油が輸出されるようになることだ。そのため、米国からアジアへの石油輸出がいくらか増えるかもしれない。原油の多くは、消費国よりも精製国に輸出されることを忘れてはならない。そのため、米国産原油の行き先は、他の産地の原油との輸送コストの違いに加えて、国内外の精製能力の変化にも左右されるだろう。

米国の精製業者はきわめてコスト効率が高く、輸送と貯蔵のコストを重点的に管理することで、国際的な競争でも優位に立っている。世界中のほぼ全ての国において、精製所を新たに建設するための許可を得ることは不可能ではないが、とても難しい。精製所を新たに建設するためには、数十億ドルの資金、安定的で予測可能な需要、そして精製所に原油を運ぶ際の安価な輸送コストといった条件をクリアする必要がある。世界の精製所を取り巻く環境の変化は、何年か後には石油精製品の輸出に影響を与えるかもしれないが、その変化はすぐには起こらないだろう。そのため、原油の輸出量が増え続けたとしても、米国の精製品の輸出は競争力を維持できると考えられる。

長期的には、精製所の競争が激しくなるとともに、原油市場の効率性が少しだけ向上し、結果として原油と精製品の相対価格のスプレッドは徐々に縮小していくかもしれない。この変化には時間がかかり、比較的小さい影響にとどまる可能性がある。

質問5:米国の原油輸出のインフラはどうなっていますか?

輸出の解禁によって最も大きな影響を受けるのは米国のメキシコ湾岸地域で、西海岸とアラスカへの影響はそれよりも小さい。米国のメキシコ湾岸地域では、WTI原油を輸出するためのインフラがすでに整備されており、原油や軽質コンデンセート製品、そしてプロパン等の天然ガス液(同じ輸出ターミナルを使用)が米国から盛んに輸出されている。現時点では、輸出のいかなる増加にも対応できる十分なキャパシティがある。

本資料に掲載の情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。助言を意図したものではなく、また助言と解釈しないでください。本資料に記載されて いる見解は、筆者個人のものです。必ずしも CME グループならびにその関連機関の見解ではありません。本資料およびその情報を投資助言も しくは実際に市場で経験した結果として受け取らないようにしてください。

免責事項

先物取引やスワップ取引は、あらゆる投資家に適しているわけではありません。損失のリスクがあります。先物やスワップはレバレッジ投資であり、取引に求められる資金は総代金のごく一部にすぎません。そのため、先物やスワップの建玉に差し入れた当初証拠金を超える損失を被る可能性があります。したがって、生活に支障をきたすことのない、損失を許容できる資金で運用すべきです。また、一度の取引に全額を投じるようなことは避けてください。すべての取引が利益になるとは期待できません。

本資料に掲載された情報およびすべての資料を、金融商品の売買を提案・勧誘するためのもの、金融に関する助言をするためのもの、取引プラットフォームを構築するためのもの、預託を容易に受けるためのもの、またはあらゆる裁判管轄であらゆる種類の金融商品・金融サービスを提供するためのものと受け取らないようにしてください。本資料に掲載されている情報は、あくまで情報提供を目的としたものです。助言を意図したものではなく、また助言と解釈しないでください。掲載された情報は、特定個人の目的、資産状況または要求を考慮したものではありません。本資料に従って行動する、またはそれに全幅の信頼を置く前に、専門家の適切な助言を受けるようにしてください。

本資料に掲載された情報は「当時」のものです。明示のあるなしにかかわらず、いかなる保証もありません。CME Groupは、いかなる誤謬または脱漏があったとしても、一切の責任を負わないものとします。本資料には、CME Groupもしくはその役員、従業員、代理人が考案、認証、検証したものではない情報、または情報へのリンクが含まれている場合があります。CME Groupでは、そのような情報について一切の責任を負わず、またその正確性や完全性について保証するものではありません。CME Groupは、その情報またはリンク先の提供しているものが第三者の権利を侵害していないと保証しているわけではありません。本資料に外部サイトへのリンクが掲載されていた場合、CME Groupは、いかなる第三者も、あるいはそれらが提供するサービスおよび商品を推薦、推奨、承認、保証、紹介しているわけではありません。

CME Groupと「芝商所」は、CME Group, Inc.の商標です。地球儀ロゴ、E-mini、E-micro、Globex、CME、およびChicago Mercantile Exchangeは、Chicago Mercantile Exchange Inc.(CME)の商標です。CBOTおよびChicago Board of Tradeは、Board of Trade of the City of Chicago, Inc.(CBOT)の商標です。ClearportおよびNYMEXは、New York Mercantile Exchange, Inc.(NYMEX)の商標です。本資料は、その所有者から書面による承諾を得ない限り、改変、複製、検索システムへの保存、配信、複写、配布等による使用が禁止されています。

Dow Jonesは、Dow Jones Company, Inc.の商標です。その他すべての商標が、各所有者の資産となります。

本資料にある規則・要綱等に関するすべての記述は、CME、CBOTおよびNYMEXの公式規則に準拠するものであり、それらの規則が優先されます。 取引要綱に関する事項はすべて、現行規則を参照するようにしてください。

CME、CBOTおよびNYMEXは、シンガポールでは認定市場運営者として、また香港特別行政区(SAR)では自動取引サービスプロバイダーとして、それぞれ登録されています。ここに掲載した情報は、日本の金融商品取引法(法令番号:昭和二十三年法律二十五号およびその改正)に規定された外国金融商品市場に、もしくは外国金融商品市場での取引に向けられた清算サービスに、直接アクセスするためのものではないという認識で提供しています。CME Europe Limitedは、香港、シンガポール、日本を含むアジアのあらゆる裁判管轄で、あらゆる種類の金融サービスを提供するための登録または認可を受けていませんし、また提供してもいません。CME Groupには、中華人民共和国もしくは台湾で、あらゆる種類の金融サービスを提供するための登録または認可を受けている関連機関はありませんし、また提供してもいません。本資料は、韓国では金融投資サービスおよび資本市場法第9条5項並びに関連規則で、またオーストラリアでは2001年会社法(連邦法)並びに関連規則で、それぞれ定義されている「プロ投資家」だけに配布されるものであり、したがってその頒布には制限があります。

Copyright © 2016 CME Group and芝商所. All rights reserved.