CME グループ ホーム > 学習リソース > 株式市場の動向 2014年第3四半期

株式市場の動向 2014年第3四半期

CME Group 2014年11月10日(木)

この四半期レポートについて

  • 株式市場の動向 2014年第3四半期
  • 国内の株式市場の動向は、複数銘柄の動きを集約した株価指数から判断するのが一般的です。 CMEグループには、こうした「ベンチマーク(基準)」としてよく利用される株価指数――S&P 500、ダウジョーンズ工業株価平均(DJIA)、NASDAQ-100 など――を対象とした先物が数多く上場しており、活発に取引されています。

    株価指数の動向に強い影響を与えるのが、一般的なマクロ経済の状況、米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策、米政府の財政政策、海外投資家の関心といった、多くのファンダメンタル要因です。 本稿では、これらの要因が直近の四半期に与えた影響について振り返ります。 幅広い分野に渡る国内株価指数について注視していますが、本稿ではS&P 500を中心に解説します。

    レポートの全文を読む