CME グループ ホーム > 学習リソース > 金利市場の動向

FF金利を再吟味する

CME Group 2015年01月20日(木)

  • イールドカーブの変化に乗じる ――スプレッドの上手な作り方
  • 米景気の改善で利上げが予想より早まる可能性も

    米国経済の状況を表す重要な経済指標は、失業率は6.2%、PCEで示すコアインフレは1.5%*と、楽観的になるそれなりの理由があることを示している。現在続く米国経済の強さは変わりやすいものの持ちこたえており、そのため多くの市場参加者は、FRBによる利上げが、以前の示唆や市場の予想である2015年中旬よりも早く行われると信じる根拠となっている。FRBが決定を行うに際して労働市場の数字を過度に重視している点については、注意が必要である。

    全文を読む